只今アリスは3歳…
毎日幼稚園へ通っています。
最近「丘の上のポニョ」をよく見ていますが、なぜか「ポニョ」が言えず「ぴにょ」になります(笑)
   Alice  ○
HNかわいい ミカ
自己紹介晴れ こんにちはexclamation
11月8日産まれの
女の子のママです。
布オムツ、EC、
ナチュハイ式離乳食など、
成長記録を綴っています。
妊娠中のブログ揺れるハート みっくすジュース
コンタクトmail to メールフォーム
ランキングに参加中ひらめき
応援してもらえると
とっても嬉しいでするんるん
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月〜11年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
9/26 今年に入ってから何だかずっと忙しいですふらふら




●おむつなし、布おむつ育児のお買いもの●  クリックで開きます→
●アリスのおむつなしの歩み●  クリックで開きます→


●ナチュハイ式離乳食の流れ●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の進め方●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の記録(ジュース編)●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の記録(1)●  クリックで開きます→

2013年01月21日

コミニュケーションスキルで育児をスムーズに



最近体調不良やら色々あって気力が低下しているのですが
日に日に成長していくアリスとそのハイパーさにかなり疲れていますふらふら
しかも我が家は上に二人子供がいて
長男は中学生という難しい年頃、
長女は小学生高学年ですが、これまた色々と問題がありまして
その対応にほとほと疲れてしまっている今日この頃。
最近は何だか一日中怒っている気がして夜になるとすごく気分が沈んでしまい、
子供たちだって良い気分じゃないだろうし
家庭内で悪循環が出来てしまっていますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

私は何冊か感銘を受けた育児本を持っていますが、
本当に心に余裕がなくなって切羽詰まっている時は
大丈夫よ、親だって人間なんだから、愛情をかけてあげれば伝わるから…
みたいな内容の本は、すっごく救われると思うのですが
じゃぁ、かんしゃくを起こす子供、
嘘をつく子供、何度叱られてもいたずらする子供…などなど、
具体的にどう対応したらいいのかexclamation&questionという部分について分からないと、
結局事態はあまり変わらず、同じことのくり返しになってしまうんですよね。

そこで久しぶりに読み返したのが上の本。
私は基本的に本はいつも手元に置いて何度も読み返したいので
図書館は全く利用しないのですが、
この本もアリスが産まれる前は何度も読んでました。
でもアリスが産まれてからはすっかり日々の事で手いっぱいで
ものすごく久しぶりに読み返したのですが、
もうすっかり色んなスキルを忘れて、
ダメなやり方の見本みたいになってしまってました(超反省)

本の冒頭にちょっと面白い喩えが載っています。
外科医が手術室にやってきて、麻酔前の患者に向かってこう言ったら
患者はどんなふうに感じるだろう?
「ほんとうのことを言うと、手術の訓練はあまり受けていないんです、
でも、患者さんを愛していますし、常識はずれのことはしませんから」

親が子供を愛していて大切に思っていても
やはり上手くいかないことは日常生活で起こりますが、
それに対してどう対応するかのスキルを身につけると
もっとスムーズに物事が運ぶし、
親子共々健全な精神を育むことが出来ると思います。

まだ全部読み返していないのですが、
今朝は早速上の子供たちを起こす時にこの本のスキルを使いました。
本当にね、魔法のように良く効くんですぴかぴか(新しい)

【実践したこと】
子供たちを起こす時:

普段の例
私:もう朝だよ、学校の時間だよ
子供:うぅ〜えぇ〜もう朝〜あぁ〜もっと寝てたい〜(ブツブツブツ…)
私:そんなこと言ったって皆学校行ってるんだから、
○○(←子供の名前)だけじゃないんだからね
パパはもっと早く起きてもう会社行ったよ!(ブツブツブツ…)
なかなか起きあがろうともしない子供たちに再び小言…

結果
その後も子供たちは不機嫌で、ダラダラと支度
その様子を見て「さっさとしなさい!」とまた怒る

今朝の例
私:朝だよ、学校の時間だよ
子供:子供:うぅ〜えぇ〜もう朝〜あぁ〜もっと寝てたい〜(ブツブツブツ…)
私:そうだよね〜朝って起きるのヤダよね〜
もっといっぱい寝てたいよね〜
子供:うん、そうだよね〜

結果
眠たそうではあるものの、私が子供たちの気持ちに理解を示すと
何となく子供たちの顔がぱっとするのが分かる。
すぐに起きてきて支度もささっと終える。

ただね、どんなスキルや育児法も
実践する親の心が安定していないと上手く出来ないバッド(下向き矢印)
私、ちょっと現在そちらの方に問題があるので、
学校へ行く寸前に起こった長女の癇癪には
残念ながら普通に怒ってしまいました失恋
でもとにかく一日一回からでも良いので、
この本のスキルを生かして、皆が気持ち良く生活できるようにしたいです。
2歳児のアリスにはちょっと使えないスキルもあるけど、
とっても役に立つ一冊です。

ちなみに上の本と同じような内容で同じく愛読しているのがコチラ。


内容が重なる部分もありますが、
両方とも読んで損はないと思います。
コチーングというのは元々育児法でもなんでもなくて、
コミニュケーションのスキルなのですが、
このスキルは子供だけでなく、夫婦間でも仕事でも
人とのコミニュケーションに応用できるので
とってもためになりますよるんるん



ランキングに参加しています。
応援してもらえると嬉しいでするんるん
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 09:07| Comment(0) | ママの読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。