只今アリスは3歳…
毎日幼稚園へ通っています。
最近「丘の上のポニョ」をよく見ていますが、なぜか「ポニョ」が言えず「ぴにょ」になります(笑)
   Alice  ○
HNかわいい ミカ
自己紹介晴れ こんにちはexclamation
11月8日産まれの
女の子のママです。
布オムツ、EC、
ナチュハイ式離乳食など、
成長記録を綴っています。
妊娠中のブログ揺れるハート みっくすジュース
コンタクトmail to メールフォーム
ランキングに参加中ひらめき
応援してもらえると
とっても嬉しいでするんるん
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月〜11年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
9/26 今年に入ってから何だかずっと忙しいですふらふら




●おむつなし、布おむつ育児のお買いもの●  クリックで開きます→
●アリスのおむつなしの歩み●  クリックで開きます→


●ナチュハイ式離乳食の流れ●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の進め方●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の記録(ジュース編)●  クリックで開きます→
●ナチュハイ式離乳食の記録(1)●  クリックで開きます→

2013年05月23日

アリス2歳。。。最近の食事で思うこと

IMG_4170.JPG


今年もまたこの季節ですね黒ハート

IMG_4195.JPG


うふふ、さくさんぼるんるん
アリスは毎日庭に出てさくらんぼたくさん食べてますよ〜
最近の食事では旬のイチゴ、この近くで育てられたイチゴで
キロあたり10ユーロ(1300円くらい)ですが
とっても美味しいんですハートたち(複数ハート)
オーガニックではないですがやはり地産地消は大切ですひらめき
そして義両親宅で収穫したフランボワーズ。
我が家のフランボワーズの収穫はもうちょっと先かな〜
で、お庭のさくらんぼの盛り合わせw
これ毎日食べてますよわーい(嬉しい顔)

IMG_4167.JPG


後はオーガニックの野菜パスタを塩味(海塩)か
オリーブ&ガーリック味で、
最近お米もちょっとだけ食べてくれるようになりましたが
半分以上は果物と豆乳(オーガニック&非遺伝子組み換え)です。
あっ、あと最近おさかなも食べています。

で、ここからが本題なのですが、
9月からアリスは幼稚園へ通うということもあり
幼稚園では給食を食べずに家に帰ってきて食べるのですが
まぁ年齢的なこともあるのか義両親などが
いつから乳製品やお肉をあげるのかexclamation&questionとよく訊いてきます。
現在のところマクロビっぽいとかナチュハイとか
義両親や周囲の人はそれが何がはっきり分かっていないけど
私の方針ということは理解していて、協力はしてくれています。
ただそれはずっと続けるわけではなく
3,4歳くらいになったら普通の食事にするんだろうと考えているようで
それが必要とも思っています。(肉なども含めて色々なものを食べるということ)

でも私は基本的には出来るだけ長くこの食事でいきたいと思っています。
ただアリスにも意志があるので
本当は親もとに居る間はそうして欲しいと思いつつも、
私が身体の基礎作りに大切だと考える10歳頃をめどに
少しずつアリスの意見を尊重しようと思っています。
やっぱり取り返しのつかないことってあると思うので
そういうことをきちんと判断できるようになるまで
私が最善と考える方法でやっていきたいというのが本音です。

けどね〜それを義両親に理解してもらうのはかなり難しいだろうなぁ。
まだ2歳だからアレルギーとかなんとか色々理由に今の食事を
ギリギリ理解している感じなので、
この先あと8年も肉も乳製品も摂らせないなんて、アリスの健康が心配exclamation×2
って言われると思う、というかすでに思っていると思うたらーっ(汗)

今までここに書いたことがなかったように思うけど
我が家では出来るだけオーガニックというのと同時に
出来るだけ非遺伝子組み換えというのを選ぶことにしていますひらめき
もちろんお金はかかりますが、量より質を重視するし、
生きている間の唯一の資産だと思っている身体の健康は
私にとってはファッションとか他のことにお金をかけることよりも大事なので。
下の動画観たことありますかexclamation&question
「農家に払うか、病院に払うか」、納得の一説です。



そしてある意味農薬よりも怖い、
子供を持つ親として絶対見逃せない遺伝子組み換え食品の危険性。
マクドナルドのポテトに代表されるように
"農薬のポテト"とか、こういう怖いものがいたるところにあって
それを小さい子供も含めて日常的に食べている事実が本当に恐ろしいふらふら
これはそれぞれの価値観と選択でしょうけど、
色々なものを食べるというのは、危険な食品を多く摂ることになるので
私は自分の方針である、生きているエネルギーの詰まった食べ物を中心に、
そして地元、オーガニック、非遺伝子組み換えの安全な食品を選びたいし
結果的にそのために食べるものの種類が少なくても良いと思っています。
(あくまで私の考えと方針です)
だからお肉は自分も食べないし、アリスにもあげません。
(食肉の生産システムに大きな問題があって、
その一つに遺伝子組み換えのエサが使われていることも大きな理由)
遺伝子組み換え食品については下の動画がとってもわかりやすいです。
全編観るのは結構時間がかかりますが、
是非見ていただきたいです。

何でもそうだけど、私たちは知る権利があって
その上で選択の自由を与えられるべき。
知った上での選択は個人の自由と責任においてされればいいと思うので
それについて誰もどうこう言う必要がないけど
知らずに、知らされずに選択している状況はまったくフェアじゃないと思う。



ちょっと久しぶりにまじめな記事書いちゃったけど、
最後にこんな写真で〆ておきます(笑)


IMG_4190.JPG





子供を病気から守るナチュハイ式離乳食、
幼児食についてはこちら。
子供たちは何を食べればいいのか

子供たちは何を食べればいいのか

価格:1,470円(税込、送料別)





ランキングに参加しています。
応援してもらえると嬉しいでするんるん
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 11:27| Comment(2) | ナチュハイ式幼児食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは前回の記事、自分以外の人が撮った怪獣くんの写真を見る機会が中々なくってすっごい嬉しい♪
友達の間でも私がカメラ好きっての知れ渡ってるので、みんなカメラ持って来てくれないんですよね(笑)
いまようやく悪阻が完全に明けた!って気分なのですが、ミカさんと会った頃はまだまだ全開ではなかったなーっとすごく残念。
そして異常にテンションが低くて大変申し訳なかったデス。
いつもはうるさいくらいのハイテンションっぷりなので、次回は面食らうかもしれないですけどよろしくです(笑)

そして今回の食に関する記事。
私は肉も野菜もお菓子もなんでもござれだし、子供が生まれるまでは実際何も考えずになんでも口にしていた人。
そんな私でも今後我が子の食生活はどうしていこうかと色々思い悩み、やはり自然とマクロビ傾向になりつつあります。
親が食の安全について、少しでも気を使っていたら、自分は何も考えなしに色々食べたかな?と時々考えさせられます。

日本は現在放射能問題も全然片付いていないし、我が家ははっきりいって魚系はほとんど手がだせません。
そうやって導き出す答えに神経質すぎ、おいしい旬のお魚が食べられないなんて子供が可哀想、好き嫌いが増えるのは親の責任etc...NOを突きつけるのが実は自分以外の身内だったりして本当に厄介ですよね^^;
我が家は息子が口にするものは、放射能をきちんと検査してくれる通販を利用したり、産直無農薬のお店だったりするのですが、実母ですら「子供にそんな贅沢なものを与えて、甘すぎる。」ですもん。
私はマクドナルドはハッピーセットがプラレールだったりとか、そういうお楽しみの嗜好品に関しては心を豊かにする行為でもあるし、そこまでは神経質には考えていませんが、毎日口にするものはやっぱり納得いくものにしたいと思っています。

遺伝子組換えに関しては、全てを否定したくないんだけど(たとえばトマトは遺伝子組換えをして毒性を取ったから人間が食べられるようになった、とかそういう本来の農家の絶え間ない努力の技術的な食品)、最近は種を売りたいから種ができないように遺伝子を操作するとか悪意を持った遺伝子組換えが多くなりすぎて、そういった善意の技術までもが”遺伝子組換え”の枠に入れられてしまうのがなんともムニャムニャきちゃいます。

ほんと、色々考え出すとキリがないんですけど、食の安全ってどこまでで納得できるか、どこまで妥協できるか、だと思うんです。
じじばばが美味しいと思ってるお菓子、食べなければ息子は美味しいと思わないし、食べたがってないんだから可哀想でもなんでもないんだよ?
オヤツの時間にお菓子じゃなくて果物をあげることを、「お金の使いすぎ、節約」というけど、そこ、削るところかな〜。

・・・ミカさんの記事読んで、ふつふつと怒りがこみ上げてきちゃった。
悪阻中や前に私が息子の世話ができなくなった時間があった時、食生活が荒れすぎて、大変なことになったのを思い出して(笑)
なんかちょっと記事の内容とずれてる気もするけどっ!長々失礼しました!
Posted by KT at 2013年05月23日 22:25
★KTさん

昨日お返事を書いたのに
ネットの不調で送信と同時にエラー…
長文が瞬時に消えてそのあとやる気がなくなっちゃいました(苦笑)

写真ですがちゃんと写っているのを後で送ると言いつつ、
容量が大きすぎてメールに添付できず…
他の方法がないかと思いながらそのままになってます>_<

あと食事の件ですが、記事にもある通り
皆考えも違うし環境も違うので(あとお財布事情とかね 笑)
どれが良くてどれが悪いっていうのはないと思うのですが、
遺伝子組み換えだけは人間も動物でも植物でも、
どんだけ人は自分たちの都合しか考えていないんだ!と思うので安全性などをさておいても反対です。

そうそう、こういう問題だけじゃないけど
やっぱり家族内でお互い理解しあえないと結構きついですよね。
我が家も夫も含めてそろそろいろんなものを食べさせてもいいだろう〜とか
チョコとかそういうのを食べさせないのは可哀想的な雰囲気が出てきているので
ここをどう乗り切るかちょっと頭を抱えていますが
幸いアリスは幼稚園で給食を食べないので
そういう点では引き続き私の食事法でいられるし、
こちらではそんなにお友達の家への行き来がないので、
(たいてい外で遊んで家に入ることはあまりない)
せいぜい食事に招待されたときとか問題なのと、
あとはやっぱり義両親宅に預けている時かな。

でも、おやつの時間に果物が贅沢ってちょっと分からないなぁ〜
私の実家では小さい頃から食後の果物とか
おやつに果物とか、とにかく果物をたくさん食べる家だったので
おやつが果物でも何とも言われないです。
これも家庭環境とか価値観の違いかなぁ…

ただ我が家の場合はおやつが果物というときもあるけど、
食事の半分が果物だったりするので、
おやつはあえてクラッカーとかクッキーとかだったりします。
自分で作るのが半分、残りはオーガニックの市販のお菓子です。

私はもともとマイペースな人間なので
あまり周囲に合わせないといけないとか
周りから浮いても平気なので(笑)
そういう点で不安とか悩みはあまりないけど
やっぱり身内の理解と協力が一番の課題かなぁ。
食に関しても情報はネットでいくらでも出てくるから
もうちょっとそれぞれ勉強してもらえば、
私の主張ももうちょっと理解してもらえるかなと思うのだけど、
これは時間をかけて根気強くですかね^ ^;

何だか昨日書いた内容と全然違ってる気もするけど(笑)
また近いうちにメールします♪
Posted by ミカ at 2013年05月24日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。